fc2ブログ

けやきのき

あれもこれも楽しみたい、理系大学院生の個人的で気ままな覚え書き。

第一回Chabo!著者と読者の集い:前編。 

第一回 Chabo!著者と読者の集い
「Chabo!著者が教える夢を叶える私の方法」

ロビーでサイン入りブックガイド販売。
私は来る途中で渋谷啓文堂で買いました。

上念司さんの司会で開幕。
挨拶は元気に!

勝間さんとJENの木原さんからChabo!およびJENの活動の紹介。
勝間さんの喋りがものすごく上手になっていました。

寄付総額10月末までに21,534,874円。

なぜスーダンなのか?
勝間さん自身もこれまで知らなかった。
21年間に渡る内戦。特に南スーダンの貧困がひどい。
インフラがなく、本当に無いモノ尽くし。

識字率が低いということが大きな問題。
ただ字が読めないというだけではない。抽象的な概念がわからない。
コミュニケーションができない。
識字率をあげて、コミュニケーションができるようにして、
協力して物事が成せるようにしていかなければいけない。

貧困の罠。
お金がないと教育が受けられない。
教育がないとお金が稼げない。
負のスパイラル、これを断ち切らなくてはいけない。

Chabo!のお金で、スーダンの3つの小学校に井戸とトイレができる。
今回のイベントの収益でさらにもう少し支援できる。
Chabo!の寄付先が現在JENだけなのは、分配に費用がかかるから。

私達たちにできることは「自立支援」。
自立してもらわないと、日本側の金銭的負担も減らない。
スーダンに3年間で300億円支援している。PKOの負担も大きい。
また、日本も明治維新、戦後と、多くの国に助けられてきた。
逆に、また日本がいつ貧困に陥って支援してもらう側に回るとも限らない。
支援することができる時に、支援を必要としているところに支援するということが大切。

JENはプロのNGO。
具体的な活動は緊急時の支援から学校の設立など色々あるが、それは単なる道具。
それらの道具を使って「自立を支援」することが本筋。
支援には限りがある。自立してもらわないことには互いに幸せにはなれない。

世界全体が平和になれば、平和の配当は日本にもおりてくる。



勝間:ここまで真面目な話。
でも、これだけで葛飾にはなかなかこれないでしょう。
6人のChabo!著者の「夢をかなえる話」をします。

第一部:久恒啓一、山田昌弘、竹川美奈子(敬称略)

ファシリテイター・久恒:それでは皆さんに5分位ずつでそれぞれの話を。

竹川:Chabo!に入ったきっかけからですよね?
勝間さんから声がかかって。
自分の中では、もともと出版業界にいたということもあって、これを機に本を手にとってくれる人が増えれば。
子供の頃から、本、映画、レコードには制限なくお金を出してもらえた。
本から多くのことを学んだ。現在著述業をしていて、本を通して社会貢献ができれば。

夢をかなえることについて。
はじめは出版社で働きだしたが、編集より取材して記事を書くほうが好きなことに気がつく。
入社2年目に上司に直談判。親会社の新聞社に出向したい!→いけてしまった。

行ったはいいけど、大人扱いされない。相手にされない。
そこで、とにかく先輩にくっついて回って、毎日飲みに行って情報収集。
3ヶ月くらい先輩にしがみついてようやくシフトに入れてもらえる。根性を認めてもらえた。

この頃苦労して、怒られてもへこたれずしがみついていったことは、
独立した今にも生きている。


山田:Chabo!に入ったきっかけ。
Discover21の小島さんに誘われて。
ボランティアなどは、母親の影響で昔からなじんでいた。
大学時代は「子ども会」というサークルで子供たちと遊んでいた。
社会学をやっているので、なんらかの形で社会貢献できたらよいな。
自分の体はなかなか動かせないのだけど。

夢についてなど。
他の著者の方と並んで良いのかなぁ。
皆さんの本は明るく前向きなものが多いけど、私のは格差とか、パラサイトとか、
暗いのが多いんですよね。
むしろ明るい本は売れないんです。
学生にも、暗いのが先生の魅力ですと言われてます。

自分は体が弱くて、ばりばりのビジネスマンは無理だと思ったんですね。
体が弱くてもなんとかなるのは大学の先生ぐらいだろうと。
結果としては、大学の先生も結構忙しいけど、皆さんよりは睡眠時間は取れているかな、と。

体が弱くても、できることを見つけて、やっていけば良いんですよ。
#山田先生、お話に味があって大変面白いです。

久恒:Chabo!に入ったきっかけ。
昔JALに勤めていた頃にいたアルバイトの学生が、新聞記者になって電話をかけてきた。
それでその人物からChabo!について聞いた。

JAL時代、社会貢献課を作ろうとしたこともある。転勤などで実現はしなかったが・・・
自分が得たものを、また社会貢献にまわせれば。
若い著者達の中にあって刺激を感じている。

若い頃は勉強しなかったので、大学には残れずやむなく就職した。
JAL→宮城大(11年間)→多摩大(この春から)。

20代は仕事もしない、貯金も無い、間違いばかりする、でだめだめだった。
30で心を入れ替えた。
井上富雄「ライフワークの見つけ方」「サラリーマン20年計画の実践」を参考に、
30年計画を立てた。

資産や趣味については全然実現していないが、
仕事は実は結構叶っている。

この30年計画は、毎年、大掃除しながら○×△でチェックする。
1月にその年の計画を立てて、5月に一応見直し。で、年末チェックを30年間。
給料や昇進や、こいつを打ち負かしてやる!ということまで。いずれ実名で出すかも。


竹川:メモ魔です。
思いついたことはどんどん書く。仕事、趣味など分けて年間の目標は書いておく。
希望は口に出す。周りの人に話す。山田先生に会いたいなと思ったら周りがお膳立てしてくれて、こうした会えた。

金融に特化したことも大きかった。
独立した頃、とても景気が悪かった。
団塊の世代は逃げ切れるだろうけど、自分や、その下の世代はお金のことをきちんと考えないといけないと思った。

山田:やっぱりやりたいことは人に話す。
あれがやりたいこれがやりたいと周りに行っていたら、関連の仕事が回ってきたりする。
パタリロが好きといっていたら、文庫版の解説を頼まれたり。

自分はとにかく社会で何が起こっているかを見ていたかった。
それを見てくれている人がいたのだと思う。
共同研究をしようという声がかかってやってみると色々見つかったりする。
パラサイトシングルとか、ペットは家族とか。

でも、偉い先生に対抗していじめられたりもして、その反発心も糧になった。

今後の夢、やりたいことなど。

竹川:専門家と個人投資家の架け橋になりたい。気軽に相談できる場を作りたい。協力者求む!
大きく投機的に儲けるのではなく、資産形成としてこつこつ長期的にやっていくことを広めたい。
個人的には、着物を着て、割烹着を着て料理屋をやりたい。和食をずっと習っている。
日本文化が好き。着物も、買う人がいなくなると織る人もいなくなって、一層高くなる。
上手に資産形成してお金ができたら、日本文化に使ってください!

山田:もう50歳なのでそろそろ個人的に好きなことを考えても良いかなと。
クラブのマスターになって卒業生の就職先を用意したい。
毎年新しい子がゼミに来るたびに、この子はちぃママに良いな、とか、
この子はハンサムだから黒服ができるかな、と考えるのが楽しみ(口には出しませんが。)

あと、日本に寄付の文化を根付かせたいですね。アメリカなんかはGDPの2%が寄付で、
お金を稼いでも寄付をしないと尊敬されない。
ビルゲイツは、自分がビジネスで成功できたのは、教育されて、読み書き、パソコンを使える人が増えたからだと。
だから図書館に寄付をしたりする。そういう、自分が儲けたからといって自分だけの才覚ではないと思えて、
それを寄付に回せる気持ちを日本にも。

久恒:現代の志塾を作りたい。修養・鍛錬…
個人的には、法学部に行って、箇条書きの法律なんて全然わからなかったので、リベンジしたい。
法化大学院に行って弁護士になって、図解六法全書を書く。
日本中の偉人館を見て回っている。本にしたい。

若い頃は何者でもないから不安だろうけど、夢を言ったり書いたりすることが方向を定める。


[ 2008/12/05 00:00 ] 心動かされたこと | TB(0) | CM(4)
久恒さんですか.なつかしいですね.
以前彼がJALの広報に務めていた頃,一緒に本を書いたことがあります.

久恒さんの研究会(知的生産の技術研究会)にも長らくご無沙汰しています.
[ 2008/12/05 00:17 ] K_Tachibana [ 編集 ]
>K_Tachibanaさん
そうなんですか!びっくりです。
色々なところにご縁があるものですね。

お話が上手で、また、志の高い方だという印象を受けました。
[ 2008/12/05 00:24 ] suikyo [ 編集 ]
はじめまして!勝間さんの紹介でやってきました。参加したいイベントだったので感謝です。ありがとうございます! 久恒さんの夢は志塾なのか~。いいですね。
[ 2008/12/05 21:37 ] イッパイアッテナ [ 編集 ]
>イッパイアッテナさま、
はじめまして。コメントありがとうございます!
#HNが大変懐かしいです。子供の頃大好きだった本です。

久恒さん、とても面白くてかっこいい方でした。
[ 2008/12/06 12:36 ] suikyo [ 編集 ]
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する