fc2ブログ

けやきのき

あれもこれも楽しみたい、理系大学院生の個人的で気ままな覚え書き。

第一回Chabo!著者と読者の集い:後編 

第2部。

勝間さん、和田さん、神田さん

勝間「この3人の本を一冊も読んだこと無い人?」
いませんね。では、自己紹介は省略して。

夢をどのようにかなえてきたか?神田さんから

神田:本に書いてあるとおりですが…
単純に、自分がやりたいことを見極めて文章にすると、時間はかかるがほとんどかないます。
「自分はこうしたい」と明確に言葉にする人はほとんどいない。
現代、1年、2年では難しいかもしれないが、5年もたてば殆どのことは叶ってしまう社会に。

「眠りながら成功する本」マーフィー
怪しい…でも、リストラされて仕事が無くて婚約している。
わらにもすがる思い。

恥ずかしくて、大前研一の本を上にしてレジに。
夢は願望を刻み込むレコード。

嘘っぽい。
でも、嘘でも仕事は欲しいし、お金は欲しい。
とりあえず書いてみる→年収1000万。
マッキンゼーをはじめ、勝間さんが通ったところはだいたい落ちている。。

ホテルニューオータニで面接。外国人に。
封筒に条件が…エレベーターの前で開ける。10万ドル!年収1000万!
すごい!紙に書いたら叶うんだ!

…リストラされるまでは、リストラされるされる、と言っていた。
潜在意識は実現するんだ!
どんどん書きまくる。

今なら、昔と違って1年2年で叶う時代なんです!すごい時代なんです。
それを皆さんと共有したい。
#神田さん、表情も含めてやっぱり話がものすごく上手い!笑いが絶えない。

勝間:神田さん独演会になりそうなので…この辺で。

和田さん:夢・・・は向かっているうちにどんどん変わっていくので、その時点での目標。
具体的にイメージしてみる。

お金の話。

嫌な人がいた。上司に、「嫌な人にお金を貸せるぐらいになれ」
嫌な人から、すみませーん、と電話がかかって来る。
「あら、お金の話でしたらお断りですよ・・・で、ご用件は?」
具体的にイメージ。

大学生の頃はお金持ちごっこ。
高いビルに登って、見える街全部自分のものだったら、あのビルはいくらで売る?


はじめはやはりお金が欲しかった。
でも、人に評価してもらう、振り向いてもらうことを大事だと思うようになった。
宝くじ当たっても、誰にも振り向いてもらえなかったら仕方ない。

自分がやっていることで、すぐに実らなかったことは種をまいたと思う。
いずれ芽が出る。

神田さんに、影響されて、ついついお金の話に・・・失礼。


勝間:お金の不安から自由になる!
やりたいことをやるために。

20代で1000万。
このころヘッドハンターと話していて、
30代で5000万稼げれば一流。で、目指した。


その次のステージは?
どうすれば良い?
次を予測したい。

大学生の頃大前研一さんの著書を読む。すごい。
それが高じてマッキンゼーにまで入社。

次に神田さんの本を次々読む。
→、で、やっぱり書く!
自分の実現したいことは具体的に書く!

長時間は働きたくない。
短時間で、稼げて、子供も育てて、人に役立てることをやろう。

子供の頃訊いた、立派な大人はだいたい1000万かせいでいる。
ファイナンシャルフリーになるのはやっぱり1000万は必要。
1000万稼ぐにはどうしたらよいか?

公認会計士目指す。
アルファ波で勉強など。
→公認会計士受かる。


なぜ神田さんの本に出会ったか?
2001年ごろ、ぐちゃぐちゃに悩んでいた時期があったから。
悩んだ時期が大切だった。
7年後に神田さんと並べるなんて思ってもみなかった。

5年後はきっと皆さんがこちらに。

勝間:ではここまでは奇麗事で。
神田さん、本に書いていない成功法は?

神田:うーん。
皆がここにいることがまず第一歩だと思いますが・・・

「非常識な成功法則」を書いた頃と、時代が違う。
今は、インターネットがものすごく普及して、未来から見れば、
まさに時代の転換期。

自分が独立した頃は、自分を助けてくれる人、夢の実現に手を貸してくれる人に出会うことがとても難しかった。
でも今はインターネットがある!昔は会うために10年かかった人が、すぐにでも会える!

昔は、お金が欲しい。家族を養いたい。広い家に住みたい。
でも、今はもっともっとたくさんのことができる!!

夢をくっつける!
自分の夢と、他の人の夢。

セルフイメージをあげたい人、家を建てたい人、家を建てられる人…
今、この空間に、互いの夢をサポートしうる人は全て揃っている。
リソースはすでにある。


ここにいる人たちに、僕は、私は提供できるものがある。
そうやって提供した人に、他の人は何を提供できるか?
このように考えていくと、夢をかなえられないことなど無い。


自分が幸せになり、家族が幸せになり、周りが幸せになり、
しかもスーダンの人まで幸せにできてしまう。

Chabo!を始めて10ヶ月。
10ヶ月で井戸が三つ!
10年たったら?

今、この場所にいることがものすごいこと。
自分のセルフイメージをあげて、自分が、他の人の何をかなえられるか?
皆の夢をくっつけていって、自分も、周りの夢もかなえていく。

勝間さんがスーダンに目をつけたことが、大きな物語の始まり。
彼女が60になったら?
おそらく、マザーテレサ以上の…(一同笑い)…いや、ここは笑うところじゃないですよ。
ノーベル平和賞をとったっておかしくない。

日本人に生まれたということ。
希望格差といいますが、こんなに希望を持てる国に生まれている。
ここにいることの幸せ。

自分は何がかなえられるか?
他の人の夢と自分の夢をいかにくっつけられるか?
ここから奇跡が始まる。


勝間;ここに来ていない小宮さんの話。
いかに周りを喜ばせるか、幸せにするかが自分の幸せになる。

人の夢をかなえる自分の方法は?和田さん


和田:毎年一回自分のライフイベント、わくわく伝染ツアー。
5年目。今年は手話で講演をすることを目標に。
5月から練習。10月講演。

たくさん人集めて、講演予定。
ものすごーく大変。本も読めない。常に手話の動画。夢も手話。
どうして私はこんなことやってるの?お金でもない。会社のためではない。

やった後、耳の聞こえない人から、
「手話通訳の入らない講演をはじめて聴いた、とても良かった」
やって、後になってはじめてやった意味がわかった。

何かをやる、目指す途上は、神様にぶたれるようなこともたくさんある。
でも、最後にわかるかも。ただし、目標に達してもそこが終わりではなく、続いていく。


耳の聞こえない人は日本に100万人。
彼らは、自分が生きていること、あることにとても感謝している。
「耳の聞こえないことをうらんだことは無いのですか?」
「自分はこうなんだから、これで生きていくんだ」


目標を決めて、期限を決めて、まずやってみる。
人が何かやってもまずやる。そして、答えを見てみる。
そしてその先を考える。そこから、新しい夢がみられる。


勝間:時間も無いので、2分くらいずつ、将来のことを。
勝間から

政治家になるんですか?とよく聞かれる。
でもならない。それはなぜか?


日本の仕組みで、職業としての政治家になると、給料をもらって、仕事として、決まりの中で、できることが限られてくる。

仕事でもなく、経済的な見返りを求めてでもなく、一民間人として自由にできることをやりたい。
自分にできることを少しでも、たくさんの素晴らしい人と一緒にかなえていきたい。



神田:2008年インターネットのインフラができた。
2009年情報社会から知識社会へ。

効率的に得られた情報を元に、知識をはぐくんでいく。


これまでは、お金をもうけてから何かをする。でも、それは区別できなくなった。
回りにも良いことをしつつ、自分も儲けていく時代。

今の地球で、この環境で、自分は何ができるのか?
個人レベルの夢ではなく、広げていく。

今は不況ではないんです。
まやかしです。

来年は希望を持った人、世の中のために何かをしたいと考えた人が成功する時代に。

一人一人が世界に何ができるか?スーダンに何ができるか?考えていくことによって、
皆さん、個人個人も反映していく。

勝間:最後、和田さん。これからの夢。自分の夢を。


和田:目標も夢も、継続がテーマ。
小さいことでも、どんなことでも、続けて続けて続けて…

夢はいつまでにかなえたいか?死ぬまでに。
人には期限がある。寿命というのが期限。

夢をかなえるには信じること。
そしてやってみること。
大丈夫だと言われたらやってみること、そして継続すること。

さっき、神田さんに来年は良い年、と言われた。
それを信じてやるのみ!!!皆も!




ここで第2部〆て、著者6人揃って今後の話。


勝間:細く長くても続けること。


久恒:ブログを書いている。生涯の一日の、今この時間を過ごしていることが大切。
そうすると、悪いことができなくなります。


山田:社会学者として・・・経済学はこれまで皆ばらばらにやっていた。でも、社会学はつながること。
こことスーダンがつながっている。昔もつながっていたが、それがより見えやすくなった。
身近なペットを幸せにすることで幸せになれる。そうしたつながりが広がっていけば。

和田:なにしゃべろうかな。
著者皆、似ているようで、少しずつ違う。ひとそれぞれのアプローチがある。
自分が一番わくわくすることを!
途中の過程でへこんであきらめるのではなく、到達点を見よ!
大変なことがたくさんあっても、わくわくを持続させること!


竹川:やはり、継続性が大切。
お金のことも同じ。やめない、あきらめない、続けること。
打ちのめされても立ち上がってけそこから継続していくこと。



木原:現地で働いているので、災害や戦争で絶望的な状況になった人を見ている。
そこで気づいたこと。
絶望の時、自分のためには頑張れない、でも、他の人のためには頑張れる。
どこの国でも共通だった。
人のために頑張ることで自分が幸せになれる。

スーダンのこと。
忘れないで。思い出して、見届けて欲しい。
皆が本を買うこと、それぞれの寄付が人を助けている。それを思って欲しい。4のつく日には思い出して。


神田:2009年社会起業元年。
思いついたことを実行に移して、それが人のために届く。

この10ヶ月の重み。
勝間さんがChabo!を起こして、そしてそれが人を実際に助けている。
勝間さんに拍手を。(一同拍手)


勝間:涙声ですが・・・
5分でうん、といってくれた和田さん、
初対面でオーケーしてくれた竹川さん、
最初からChabo!にするつもりでしたよ、と言ってくれた神田さん、
2割と訊いてもさくっとしてくれた山田さん、
勝間から訊いたのではなく、新聞記者経由で参加してくれた久恒さん、
皆に支えられたからこそこの活動ができた。


寄付をして終わりではない。
その先がどうなるか。
持ち帰って、どんな行動に移せるか。


上念:ここから帰ってからがChabo!です!!



[ 2008/12/05 00:01 ] 心動かされたこと | TB(1) | CM(12)
勝間さんのブログからおじゃましました。

私も、正直chabo!の集いに行きたかったのですが、
長崎から行くには距離的にちょっと。。。。

でも、こうやって、すいきょさんが、ブログにUPして下さったおかげで
雰囲気を味わうことができました。ありがとうございます。

読み終える頃には、涙がでてきました。
本当にありがとうこざいました。

これからがchabo!ですね。
私もchabo!の一員として自覚ある行動をとりたいと思います。
[ 2008/12/05 10:08 ] みち [ 編集 ]
勝間さんのブログから来ました。

すばらしいレポをありがとうございました。

行けなくてとても残念だったのですが、すいきょんさんのブログを拝読して、集いの雰囲気を体感することができ、勇気をいただきました。
[ 2008/12/05 12:33 ] リコ [ 編集 ]
>みちさま、
コメントありがとうございます!
拙いメモですが、少しでも雰囲気を感じていただけたのでしたら嬉しく思います。

本当に感動的な集いでした。
これから、ですね!
[ 2008/12/05 20:36 ] suikyo [ 編集 ]
>リコさま、
お越しいただきありがとうございます!

私が集いで頂いた勇気を、ブログを通しておすそ分けでしたのでしたらとても嬉しいです。
こちらこそ、ありがとうございました。


[ 2008/12/05 20:40 ] suikyo [ 編集 ]
はじめまして。詳細で丁寧なレポート、ありがとうございました。

suikyoさんのレポートのおかげで、参加したくてもできなかった人たちや、後から集いのことを知った人たちも、会場に行ったかのような体験をしていることと思います。

私たちがいるのは、離れた場所、ひとつひとつのディスプレイの前ですが、
Give5乗を通してつながり、場を共にすることができるのですね。

本当にありがとうございました。


※URLは08年11月08日栃木での勝間さんの講演をまとめたものです。
[ 2008/12/06 08:59 ] taraf [ 編集 ]
講演会の様子とてもよくわかりました。
みなさんお金の話をされていて、ここはやっぱり大切なところですね。
勉強になります。
感謝!感謝!
[ 2008/12/06 12:02 ] hoshi-zora [ 編集 ]
>tarafさま、
コメントありがとうございます!
そうですね、インターネットによって場を共有することができる。
本当にすごい時代なのだなぁ、と思います。

リンク先の講演記事、拝読しました!素晴らしいですね。
ご紹介、どうもありがとうございました。
[ 2008/12/06 12:59 ] suikyo [ 編集 ]
>hoshi-zoraさま
コメントありがとうございます!
そうですね。お金は、本当に大切なものですね。
勝間さんも仰っていましたが、
やりたいことをやるためにお金の不安から逃れること、
というのは多くの人がクリアしたい課題なのだと思います。
[ 2008/12/06 13:05 ] suikyo [ 編集 ]
はじめまして。。。。
いろんな人のブログを見ていました。
参考にしたいと思います。
私のブログも見てください。

興味がなければ、すいません。スルーしてください。




[ 2008/12/06 17:38 ] ただ [ 編集 ]
>たださま、
コメントありがとうございます!
私のエントリが少しでも参考になるようでしたら嬉しいです。

たださんのブログも拝見いたしました。
どうもありがとうございます。


[ 2008/12/07 09:13 ] suikyo [ 編集 ]
素晴らしい記録を拝読させていただきました。
ありがとうございました。
[ 2008/12/31 12:58 ] mukku [ 編集 ]
>mukkuさま
コメントありがとうございます。
読んでいただけて嬉しいです。

こちらこそ、どうもありがとうございました。
[ 2008/12/31 13:32 ] suikyo [ 編集 ]
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する
この記事のトラックバックURL
http://midorinokeyaki.blog74.fc2.com/tb.php/390-736b0328

すべての成功すべての巨富はアイディアから生まれる。ナポレオン・ヒル(米国の著述家)
[2008/12/13 07:52] 名言ブログ